MENU

    iPhone初心者のタッチパネル操作方法

    iPhoneの画面はタッチパネルに指で触れて操作を行います。

    ただタッチするだけではなく、長押ししたり、2本指で画面をなぞったりすることで、さまざまな操作が可能です。

    目次

    タッチ操作の名前も覚えよう

    電話のダイヤル操作、アプリの起動、文字の入力、画像の回転、各種設定のオン・オフなど、iPhoneのほとんどの操作をタッチパネル(画面)で行います。

    一番使うのは「タップ」と呼ばれる、1本指でタッチする操作です。他にもタッチした状態のまま動かす「スワイプ」、画面を2本指でタッチしたまま指を開いたり・閉じたりする「ピンチアウト/ピンチイン」があります。

    ここで紹介する操作を覚えておけば、iPhoneで利用するほとんどのアプリで操作が可能になります。

    またiPhone以外のスマートフォンやタブレットでも同じ操作で利用できるので、覚えておくことで活用できます。

    タッチ操作

    タップ

    画面を「一本指で軽くタッチ」します。

    ホーム画面で使いたいアプリを起動するのにタッチしたり、設定画面のオン/オフの操作、メニュー選択、文字入力のキーボード操作をします。基本中の基本操作となるのがタップです。

    基本中の基本操作となるのがタップ

    ロングタップ

    画面を「1-2秒ほどタッチし続け」ます。

    画面にてアプリをロングタップするとメニューが表示されます。その他に通知やLINE、メールもロングタップすると、プレビューで内容を確認することができます。

    画面を「1-2秒ほどタッチし続け」ます。

    スワイプ

    画面を指でさまざまな方向に「なぞる」操作です。

    画面を「右から左」「左から右」「上から下」「下から上」へとさまざまな方向になぞることで画面を切り替えたり、アプリ間を変更したりできます。マップアプリであれば目的地を探したりするのに地図を移動させるのに利用できる操作です。

    画面を指でさまざまな方向に「なぞる」

    フリック

    画面をタッチしてピッと「はじく」操作です。

    「スワイプ」とは違います。「はじく」強さによって動作反応も変わります。強弱によって微妙な操作が可能です。ゲームにもよく使われています。

    画面をタッチしてピッと「はじく」

    ドラッグ

    画面を「押さえたまま動かす」操作です。

    画面上のアイコンを押さえたまま、指を動かすことでアイコンの移動ができます。最初にアイコンをロングタップして編集モードに切り替わってからドラッグすることでアプリを移動させることができます。

    画面を「押さえたまま動かす」

    ピンチアウト/ピンチイン

    画面を「2本の指で広げたり/狭めたりする」操作です。

    基本的には「親指」と「人差し指」で操作する方が多いです。主に撮った写真(画像)の拡大/縮小に使います。

    画面を「2本の指で広げたり/狭めたりする」
    画面を「2本の指で広げたり/狭めたりする」

    ダブルタップ

    画面を「軽く2回連続でタッチする」操作です。

    タップを素早く2回連続で行います。通常のタップは1回ですが、続けて素早く2回するのがダブルタップです。アプリによっては拡大/縮小(元サイズ)する際に利用します。ダブルタップは、機種によっては本体背面にも利用できる機能があります。

    画面を「軽く2回連続でタッチする」

    2本指回転

    画面を「2本指でタッチして回転させる」操作です。

    画像を回転させたり、マップアプリなどで3D表示を回転させたりすることが可能です。こちらもアプリによって操作ができる場合があります。

    画面を「2本指でタッチして回転させる」

    2本指スワイプ

    画面を「2本指でスワイプ(なぞる)」操作です。

    標準メールアプリやファイル管理アプリなどでは、2本指でスワイプすることで複数を選択することが可能です。さらに選択状態でスワイプすると、選択解除できます。

    画面を「2本指でスワイプ(なぞる)」
    よかったらシェアしてね!

    コメント

    コメントする

    コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

    CAPTCHA

    目次
    閉じる